今治市ものづくり体験講座を実施

 今治市の海に関するものづくり体験講座として、12月12日(火)に大西中学校1年生61名、教員等10名が、大三島井口港より練習船「弓削丸」に乗船し、弓削商船高専を訪問しました。
 往路では、船のエンジンやプロペラの仕組み、船橋にある様々な機器についての説明や、六分儀を用いての太陽観測などが、本校へ到着し学生食堂で昼食をとった後は、荒天航泊実験室や操船シミュレータ室の見学、エンジニアの仕事についての講話が行われました。荒天航泊実験室では回流水槽や造波風洞水槽について、操船シミュレータ室では映像上での操舵練習などの実演が行われ、エンジニアの仕事についての講話では機関士の業務内容などの説明がありました。復路では、往路で十分に見ることのできなかった箇所など自由に船内を見学しました。
 どのプログラムにおいても、生徒たちは教員の説明に興味深く耳を傾けており、積極的に教員に質問を投げかけるなど関心の高さが伺えました。本講座では、一日を通して船や船に関する仕事について多くのことを学ぶことができ、生徒たちにとって貴重な一日となりました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク