外部資金受入状況

外部資金受入状況

令和元年度 科学研究費助成事業

採択年度
研究種目
研究者
研究内容
直接経費
R1
基盤研究 C
商船学科
二村  彰
船員技能の早期習得のための係船状態の見える化システムの開発
\1,500,000-
R1
基盤研究 C
情報工学科
葛目 幸一
地磁気フィンガープリントと点字ブロックマップを融合した歩行支援システムの開発
\1,500,000-
R1
基盤研究 C
情報工学科
長尾 和彦
海上安全に貢献する海洋クラウドとハイブリッド型AISシステムの開発
\1,200,000-
R1
基盤研究 C
情報工学科
桝田 温子
自動運転技術と協調するスマート交通信号制御に関する研究
\2,200,000-
H30
基盤研究 C
商船学科
村上 知弘
VGPに対応した舶用機関用環境配慮型ゲル状潤滑油の開発
\500,000-
H30
若手研究
電子機械工学科
福田 英次
熱延伸3Dプリンティングによる生体用高分子材料の強化および骨類似機能化
\1,000,000-
H29
基盤研究 C
情報工学科
田房 友典
水域ネットワークを構成して底質を一括走査する協調型環境調査船システムの開発
\700,000-
H29
若手研究 B
商船学科
佐久間一行
マイクロバブルプラズマを用いた船舶ビルジ水処理装置の開発
\500,000-

平成30年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
総合教育科
牧山 隆洋
効果的物理実験機器の開発
\300,000-
技術振興会
商船学科
佐久間一行
液中プラズマを利用した水素同位体分離技術に関する基礎研究
\755,000-
核融合科学研究所
電子機械工学科
瀬濤 喜信
海洋における水中ドローンの操作と制御(2)
\500,000-
笹川平和財団海洋政策研究所
電子機械工学科
森 耕太郎
離島地域における竹資源のバイオマス利用に関する研究~竹ペレットおよび竹炭ペレットの比較・評価~
\300,000-
技術振興会
情報工学科
長尾 和彦
海上におけるLPWAを用いた小型船舶位置同程システムの開発と評価
\500,000-
四国情報通信懇談会
情報工学科
峯脇さやか
選択的ノイズバイアス補正とヒストグラム・パッキングを導入したHDR画像のニアロスレス二層符号化
\300,000-
長岡技術科学大学

平成30年度 共同研究費等

区分
研究者
研究内容
研究資金
相手方
共同
商船学科
筒井 壽博
商船学科
多田 光男
電子機械工学科
大根田浩久
納豆菌を用いた水質浄化作用に関する調査
\5,000-
株式会社テクニカ
共同
電子機械工学科
森 耕太郎
電子機械工学科
木村 隆則
工場作業におけるロボットスーツ着用効果の検証
\200,000-
井原精機株式会社

平成30年度 科学研究費助成事業

採択年度
研究種目
研究者
研究内容
直接経費
H30
基盤研究 C
商船学科教授
村上 知弘
VGP に対応した舶用機関用環境配慮型ゲル状潤滑油の開発
¥2,300,000-
H30
若手研究
電子機械工学科助教
福田 英次
熱延伸3D プリンティングによる生体用高分子材料の強化および骨類似機能化
¥1,100,000-
H30
若手研究
情報工学科助教
藤田 佳祐
折り紙的発想による超小型高性能折り畳みアンテナの開発
¥1,200,000-
H29
基盤研究 C
情報工学科教授
田房 友典
水域ネットワークを構成して底質を一括走査する協調型環境調査船システムの開発
¥1,200,000-
H29
若手研究 B
商船学科助教
佐久間一行
マイクロバブルプラズマを用いた船舶ビルジ水処理装置の開発
¥500,000-
H28
基盤研究 C
情報工学科教授
長尾 和彦
小型船舶事故減少に貢献するAIS 代替システムの開発
¥1,000,000-
H28
若手研究 B
情報工学科准教授
前田 弘文
船舶火災における探査活動が可能なレスキューロボットの開発
¥500,000-

平成29年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
総合教育科講師
冨永  亮
見ると歩きたくなるウォーキングマップの作成
¥500,000-
上島町
総合教育科准教授
日下 佳春
マルク紛争とその和解に関する人文社会科学的総合研究
¥300,000-
京都大学東南アジア研究所
総合教育科准教授
南郷  毅
高等学校数学科と情報科の教科書における双方向性の構築
¥200,000-
中央教育研究所
商船学科助教
佐久間一行
液中プラズマを利用した水素同位体分離技術に関する基礎研究
¥192,000-
核融合科学研究所
電子機械工学科准教授
瀬濤 喜信
海洋における水中ドローンの操作と制御(1)
¥500,000-
笹川平和財団海洋政策研究所
電子機械工学科助教
森 耕太郎
海岸漂着ゴミ等の廃プラスチックの燃料化によるエネルギー循環システムの構築
¥500,000-
上島町
電子機械工学科助教
森 耕太郎
竹炭を利用した離島地域でのエネルギー循環システムの構築
¥300,000-
技術振興会
情報工学科教授
長尾 和彦
迷惑電話防止に有効なIP 電話サービスの構築と評価
¥500,000-
四国情報通信懇談会
情報工学科准教授
前田 弘文
疑似波浪発生ジンバルの研究開発
¥326,000-
豊橋技術科学大学
情報工学科助教
藤田 佳祐
人工知能を用いた小型木造船舶検知システム
¥300,000-
技術振興会

平成29年度 共同研究費等

区分
研究者
研究内容
研究資金
相手方
共同
商船学科教授
筒井 壽博
シート状ヒートパイプの開発
¥400,000-
株式会社桧鉄工所
共同
商船学科教授
筒井 壽博
商船学科教授
多田 光男
電子機械工学科准教授
大根田浩久
納豆菌を用いた水質浄化作用に関する調査
¥70,000-
株式会社テクニカ
共同
電子機械工学科准教授
長井 弘志
商船学科教授
筒井 壽博
電子機械工学科教授
木村 隆則
表層潮流発電システム(2 号機改良)の実証研究
¥500,000-
株式会社桧鉄工所
共同
電子機械工学科准教授
長井 弘志
商船学科教授
筒井 壽博
電子機械工学科教授
木村 隆則
電子機械工学科准教授
政家 利彦
商船学科准教授
二村  彰
滑走艇の省エネルギー走行に関する研究
¥318,000-
日東精工株式会社
新居浜工業高等専門学校
共同
電子機械工学科助教
森 耕太郎
電子機械工学科教授
木村 隆則
塗装・研磨作業用排気システムの研究・開発
¥250,000-
アンデックス株式会社
共同
電子機械工学科准教授
長井 弘志
ヒューマンインターフェースの研究とインタラクション玩具の開発
¥10,000-
インタロボット株式会社
共同
電子機械工学科准教授
長井 弘志
電子機械工学科教授
木村 隆則
スマートフォンを用いたAIS 情報代替送信システムの開発
¥10,000-
有限責任事業組合エーアイ
エス・ライブ・ジャパン
共同
情報工学科教授
田房 友典
携帯電話修理における故障申告文章の自動分類とキーワード検索に関する研究
¥150,000-
大宮工業株式会社
共同
情報工学科教授
長尾 和彦
高専ワイヤレスIoT コンテストに係る技術実証(smartAIS)
¥0-
(\600,000 相当の物品等)
株式会社エヌ・ティ・ティ・データ経営研究所

平成28年度 科学研究費補助金

研究者
研究種目
研究内容
研究資金
情報工学科教授
葛目 幸一
基盤研究 C
ウェーブレットパケット変換の信号学習法の開発と消費電流波形による稼働機器の識別
¥600,000-
情報工学科教授
長尾 和彦
基盤研究 C
小型船舶事故減少に貢献する AIS 代替システムの開発
¥1,300,000-
総合教育科准教授
水崎 一良
基盤研究 C
感性バイオメカニクスに基づく動作のコツ学習支援システムの開発
¥600,000-
情報工学科講師
前田 弘文
若手研究 B
船舶火災における探査活動が可能なレスキューロボットの開発
¥1,200,000-
情報工学科助教
續木 大介
若手研究 B
乳幼児を対象とした頭部構造画像不要の脳機能計測法:確率的拡散光トモグラフィの開発
¥1,600,000-
総合教育科准教授
伊藤 武志
挑戦的萌芽研究
環境教育を目的としたエコストーブの教材化とその教育効果の調査
¥500,000-

平成27年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
商船学科助教
池田 真吾
層状複水酸化物を用いた新規な有機-無機ハイブリッドガスバリア材料の作製と特性評価
¥300,000-
技術振興会
電子機械工学科助教
福田 英次
異なる金属製 3D プリンター用原材料を用いた同時造形/複合化による力学特性の高機能化
¥300,000-
技術振興会
情報工学科教授
長尾 和彦
プレジャーボートで利用できるAIS連携システムの構築と評価
¥500,000-
四国情報通信懇談会

平成27年度 共同研究費等

区分
研究者
研究内容
研究資金
相手方
共同
電子機械工学科准教授
長井 弘志
ヒューマンインタフェースの研究とインタラクション玩具の開発
¥10,000-
インタロボット株式会社
共同
電子機械工学科准教授
長井 弘志
電子機械工学科教授
木村 隆則
スマートフォンを用いた AIS 情報代替送信システムの開発
¥10,000-
有限責任事業組合エーアイエス・ライブ・ジャパン
共同
情報工学科教授
田房 友典
上島町の観光促進に関する研究
¥30,000-
上島町観光協会
共同
練習船弓削丸船長
永本 和寿
出入港など船舶低速航行時の予測制御法による操舵性改善
¥72,000-
学校法人鶴学園広島工業大学
共同
商船学科准教授
二村  彰
電子機械工学科准教授
長井 弘志
商船学科教授
筒井 壽博
電子機械工学科教授
木村 隆則
表層潮流発電システム(2号機)の実証研究
¥220,000-
株式会社桧鉄工所
共同
電子機械工学科教授
木村 隆則
商船学科教授
筒井 壽博
電子機械工学科准教授
長井 弘志
電子機械工学科准教授
政家 利彦
商船学科准教授
二村  彰
小型船舶省エネルギー航行に関する研究
¥465,720-
新居浜工業高等専門学校
日東精工株式会社
新居浜マリーナサービス株式会社
共同
情報工学科教授
長尾 和彦
情報工学科教授
田房 友典
ネットワークアクセスログのビッグデータ解析に関する研究
¥300,000-
バリオセキュア株式会社
共同
情報工学科講師
峯脇さやか
高次能力学習型のための反転授業の実践
¥300,000-
国立大学法人長岡技術科学大学
受託
情報工学科教授
田房 友典
港湾海底地形図作成のための自律航行走査システムの開発
¥900,000-
国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
受託
情報工学科准教授
高木  洋
平成 27年度環境研究総合推進費
(大気環境の異なる地域におけるPM2.5及び
オゾンの呼吸器系への影響に関する疫学研究)
による「大気清浄地区における越境大気汚染
の呼吸器への影響に関する研究」
¥6,492,816-
学校法人兵庫医科大学

平成27年度 科学研究費補助金

研究者
研究種目
研究内容
研究資金
情報工学科教授
葛目 幸一
基盤研究 C
ウェーブレットパケット変換の信号学習法の開発と消費電流波形による稼働機器の識別
¥700,000-
商船学科准教授
向瀬紀一郎
若手研究 B
機関室ウォークスルーシミュレータの開発と船員教育での応用
¥400,000-
総合教育科准教授
水崎 一良
基盤研究 C
感性バイオメカニクスに基づく動作のコツ学習支援システムの開発
¥900,000-
総合教育科准教授
伊藤 武志
挑戦萌芽
環境教育を目的としたエコストーブの教材化とその教育効果の調査
¥500,000-
学生課学生支援・寮務グループ看護師
若松 純子
奨励研究
主な大気汚染源のない地域で生活する青年の呼吸機能と大気環境との関連
¥600,000-

平成26年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
商船学科講師
寳珠山輝生
操縦シミュレータによる「ドックマスター養成・訓練システム」の可能性について
¥300,000-
技術振興会
電子機械工学科准教授
政家 利彦
マイクロバブルを利用した航行実験に伴う数値シミュレーション
¥300,000-
技術振興会

平成26年度 共同研究費等

区分
研究者
研究内容
研究資金
相手方
共同
情報工学科教授
田房 友典
上島町の観光促進に関する研究
¥30,000-
上島町観光協会
共同
情報工学科助教
前田 弘文
配管検査ロボットに関する研究開発
¥1,200,000-
株式会社カンツール
共同
練習船弓削丸船長
永本 和寿
出入港など船舶低速航行時の予測制御法による操舵性改善
¥72,000-
学校法人鶴学園広島工業大学

平成26年度 科学研究費補助金

研究者
研究種目
研究内容
研究資金
情報工学科教授
葛目 幸一
基盤研究 C(一般)
ウェーブレットパケット変換の信号学習法の開発と消費電流波形による稼働機器の識別
¥1,200,000-
商船学科准教授
秋葉 貞洋
若手研究 B
舶用ディーゼル機関における廃食用油利用の可能性について
¥500,000-
商船学科准教授
向瀬紀一郎
若手研究 B
機関室ウォークスルーシミュレータの開発と船員教育での応用
¥500,000-
総合教育科准教授
水崎 一良
若手研究 B
身体感覚の視覚的フィードバックを生かした運動指導支援システムの開発
¥500,000-
学生課学生支援・寮務グループ看護師
若松 純子
奨励研究
離島の環境特性を利用した呼吸器疾患と生活環境との影響解明及び疾患改善に向けた研究
¥600,000-

平成25年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
情報工学科教授
岡本 太志
植物工場へのLED照明の活用~最適なLED照明条件の抽出~
¥300,000-
技術振興会
電子機械工学科准教授
長井 弘志
小型クルーレスソーラーボートの開発
¥300,000-
技術振興会

平成25年度 共同研究費等

区分
研究者
研究内容
研究資金
相手方
共同
練習船弓削丸船長
永本 和寿
出入港など船舶低速航行時の予測制御法による操舵性改善
¥72,000-
学校法人鶴学園広島工業大学
共同
情報工学科助教
前田 弘文
配管検査ロボットに関する研究開発
¥2,000,000-
株式会社カンツール
共同
電子機械工学科准教授
長井 弘志
ヒューマンインターフェースの研究とインタラクション玩具の開発
¥10,000-
インタロボット株式会社
共同
電子機械工学科准教授
樫根 健史
大強度電子ビームを用いたアブレーションプラズマによる飛翔体加速デバイスの構築と超高圧力発生に関する研究
¥500,000-
国立大学法人長岡技術科学大学
共同
電子機械工学科教授
藤本 隆士
総合教育科教授
濵中 俊一
3Dプリンタの多目的利用法及び可能性の研究
¥157,500-
有限会社柏原工業
受託
電子機械工学科准教授
大根田浩久
電子機械工学科教授
木村 隆則
電子機械工学科教授
藤本 隆士
薄膜形成技術に貢献するバッキングプレートの高精度銅加工法の試作開発
¥384,000-
株式会社アイジェクト

平成25年度 科学研究費補助金

研究者
研究種目
研究内容
研究資金
情報工学科教授
葛目 幸一
基盤研究C
(一般)
ウェーブレットパケット変換の信号学習法の開発と消費電流波形による稼働機器の識別
¥1,100,000-
商船学科准教授
秋葉 貞洋
若手研究B
舶用ディーゼル機関における廃食用油利用の可能性について
¥700,000-
総合教育科准教授
水崎 一良
若手研究B
身体感覚の視覚的フィードを生かした運動指導支援システムの開発
¥500,000-
商船学科准教授
向瀬 紀一郎
若手研究B
機関室ウォークスルーシミュレータの開発と船員教育での応用
¥500,000-

平成24年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
商船学科准教授
向瀬 紀一郎
機関室シュミレーションのための対話的な模型教材の製作
¥300,000-
技術振興会
電子機械工学科助教
長井 弘志
小型クルーレスバッテリーボートの開発
¥300,000-
技術振興会
情報工学科助教
前田 弘文
共有メモリを用いた分散処理システムMarionetteの研究開発
¥300,000-
技術振興会

平成24年度 科学研究費補助金

研究者
研究種目
研究内容
研究資金
校長
木村 隆一
一基盤研究C
(一般)
船舶機関員の保守点検における感覚記憶力の支援と感覚技能の育成に関する研究
¥700,000-
電子機械工学科助教
長井 弘志
若手研究B
触覚提示ディスプレイ併用型タッチパネルディスプレイの研究
¥500,000-
商船学科講師
秋葉 貞洋
若手研究B
舶用ディーゼル機関における廃食用油利用の可能性について
¥600,000-
総合教育科准教授
水崎 一良
若手研究B
身体感覚の視覚的フィードバックを生かした運動指導支援システムの開発
¥1,000,000-

平成23年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
商船学科教授
高岡 俊輔
海のカーナビゲーションの開発
¥300,000-
技術振興会
総合教育科准教授
望月 肇
NIRSによるシャードイング法の脳内言語メカニズムの解明と教室への応用
¥300,000-
技術振興会
商船学科助教
中村 真澄
舶用機関管理の実態調査に基づく安全管理改善に関する研究
¥526,220-
財団法人日本科学協会

平成23年度 科学研究費補助金

研究者
研究種目
研究内容
研究資金
情報工学科教授
葛目 幸一
基盤研究C
(一般)
重度身障者の為のマルチセンサアレイを用いた個人特性適応型インターフェイスの開発
¥700,000-
電子機械工学科助教
長井 弘志
若手研究B
触覚提示ディスプレイ併用型タッチパネルディスプレイの研究
¥500,000-
総合教育科講師
望月 肇
若手研究B
シャドーイング法の脳内言語メカニズムの解明
―近赤外光法脳計測装置を用いて―
¥500,000-
商船学科講師
秋葉 貞洋
若手研究B
舶用ディーゼル機関における廃食用油利用の可能性について
¥1,800,000-

平成22年度 研究助成金等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
情報工学科助教
峯脇 さやか
対話型e-Learinng システムの開発
¥300,000-
技術振興会
電子機械工学科准教授
ダヴァ ガンバット
エネルギー工学技術の農業生産への応用
¥300,000-
技術振興会
総合教育科講師
望月 肇
シャードイング法の脳内言語メカニズムの解明
-近赤外光脳計測装置を用いて-
¥300,000-
技術振興会

平成22年度 共同研究費等

研究者
研究内容
研究資金
相手方
練習船弓削丸
永本 和寿
加水分解型防汚塗料の抵抗低減性能及び防汚性能に関する調査研究
¥288,000-
独立行政法人海上技術安全研究所
商船学科教授
多田 光男
情報工学科教授
塚本 秀史
琵琶湖・沖島通船のボランティア支援に関する研究
¥1,630,000-
日本財団

寄付金の推移

年 度(平成) 30 29 28 27 26
件 数 20 22 21 16 8
金 額(千円) 8,235 8,528 8,536 8,292 5,908

※研究助成金を含む