授業再開及び開寮に向けて

令和2年7月6日


学生・保護者の皆様へ

弓削商船高等専門学校長
石田邦光


授業再開及び開寮に向けて


 国及び地方自治体における新型コロナウイルス感染防止対策によって,経済活動が徐々に再開されてきましたが,日々報道される現状を目にしますと,第2波,第3波の感染拡大に対する懸念を拭い去れない状況です。
 本校では,お知らせしておりますように,夏季休業に入る8月7日まで遠隔授業を実施することにしており,学生及び保護者の皆様には不自由と不安の中,様々な対応を頂き,改めて感謝申し上げます。
 現在,9月1日の授業再開及び開寮を目指して,出来る限りの対策を考え準備を進めているところですが,本校において,最優先すべき配慮事項は,学生及び教職員の安全・安心の確保であり,なおかつ地域に対する安全・安心の確保です。
 しかしながら,本校の学生は全国から来ており,多くの学生(全学生の約7割)は学寮なくして就学することが困難です。また,本校の学生及び教職員は約770名で,本校がある弓削島の人口の約4分の1に相当します。
 従いまして,本校における授業再開及び開寮につきましては,以下の各種状況及び情報に依ることはもちろんですが,本校が配慮しなければならない状況を踏まえ,学生の安全と地域への影響を最優先して総合的に判断・決定したいと考えております。
(1) 愛媛県及び広島県が行う各種宣言及び要請
(2) 本校学生の出身地である自治体が行う各種宣言及び要請
(3) 本校学生及び教職員における感染者 (濃厚接触者を含む)の有無
(4) その他,国内感染の発生状況
 なお,授業及び学寮における感染予防・安全対策につきましては,今治保健所・愛媛県東予地方局健康福祉環境部今治支局の助言・指導を受け,上島町と連携を取りながら,進めて参ります。
 引き続き,学生の皆さんが安全,安心して学んでいただけるよう,教職員一同,力を合わせて取り組んで参りますので,何卒,ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
カテゴリー: お知らせ, コロナウイルス関連 パーマリンク