学校・学生トピックス」カテゴリーアーカイブ

令和4年度専攻科(海上輸送システム工学専攻)入学式を挙行 New

 令和4年10月3日(月)午前10時30分から、本校第一会議室において、専攻科(海上輸送システム工学専攻)入学式を挙行し、3名の学生が入学しました。
 式では、入学生による宣誓が行われ、その後、校長から、「皆さんが身につけなければならない能力には、海運業界のデジタル化に対応できる高度な工学的センスが必要不可欠になるということです。その点、皆さんが恵まれているのは、本校には工学系の学科があり、生産システム工学専攻もあり、デジタル化に対応できる工学的センスを磨く環境が整っていることです。是非、こうした教育環境を有効に利用してください」と式辞がありました。
 専攻科入学生は慣れ親しんだ学び舎で心機一転、新たな学生生活が始まりました。

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 令和4年度専攻科(海上輸送システム工学専攻)入学式を挙行 Newコメントを受け付けていません

令和4年度商船学科卒業式を挙行しました New

 令和4年9月23日(金)、令和4年度商船学科卒業式を挙行し、卒業生27名に卒業証書が授与されました。
 今年度も引き続き新型コロナウイルス感染予防対策のため、卒業生、保護者及び教職員のみの出席とし、座席の間隔を空けるなどの対策を行った上で式典を挙行しました。
 石田校長から「海技教育機構の大型練習船実習を終えられ、知識と技能だけでなく、これから社会人として歩んでいく上で最も重要な高い人間力を身につけてこられたものと思います。ぜひ、その貴重な経験を忘れることなく、これからも自己研鑽に精進してください。皆さんは弓削商船高専で学んだこと、そして、この地で学生生活を送れたことに大いに誇りを持ってください」と式辞が述べられ、卒業生は引き締まった表情で聞き入っていました。
 続いて、在校生総代の電子機械工学科4年・上野智貴さんが送辞を述べた後、卒業生総代の江口喬子さんによる答辞が行われました。
 最後に、卒業生一同が登檣礼(とうしょうれい)を実施し、「ごきげんようー!」の掛け声とともに、全員の制帽が美しく宙を舞いました。
 卒業生たちは弓削商船高専の卒業生としての誇りと使命を胸に、新しい人生行路へと出航しました。

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 令和4年度商船学科卒業式を挙行しました Newコメントを受け付けていません

株式会社伊予銀行と連携協力協定を結びました New

 本校は、9月13日(火)に株式会社伊予銀行と連携協力協定を締結しました。
 本協定は本校と株式会社伊予銀行が保有する知的・人的資源および情報等を活用し、地域の発展と産業の振興に寄与することを目的としているものです。
 この協定により、しまなみ海道周辺を拠点としている造船会社や海運企業などといった魅力ある地元企業との人材交流や課題解決など、産業の振興と地域の発展に貢献することが期待されます。

協定書を交換し、連携協力協定の締結を終えた石田校長(左)と伊予銀行・常務取締役法人営業本部長 仙波 宏久 氏(右)

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 株式会社伊予銀行と連携協力協定を結びました Newコメントを受け付けていません

第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)に2競技で出場決定 New

 第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)において、本校からセーリングとアーチェリー競技の2競技で出場が決定しました。それぞれの競技の詳細は次の通りです。

 

■セーリング競技
大会期間:令和4年10月2日(日)~ 5日(水)
出場種目:420級(少年男子)
選手名:柳崎稔貴(電子機械工学科1年)、吉岡和月(商船学科3年)
大会URL:https://www.tochigikokutai2022.jp/kokutai/competition/sailing

 

■アーチェリー競技
大会期間:令和4年10月8日(土)~ 10日(月)
選手名:村上銀亮(商船学科1年)
大会URL:https://www.tochigikokutai2022.jp/kokutai/competition/archery/

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 第77回国民体育大会(いちご一会とちぎ国体)に2競技で出場決定 Newコメントを受け付けていません

全国高専大会剣道競技にて女子団体優勝、男子個人3位 New

 令和4年8月25日(木)・26日(金)、とくぎんトモニアリーナ(徳島市立体育館)において全国高等専門学校体育大会剣道競技が開催されました。

 本大会に四国地区大会を勝ち上がった男子団体の部、女子団体の部、女子個人の部2名、男子個人の部2名が出場しました。男子団体の部は惜敗で決勝に残る事はできませんでしたが、女子団体の部で優勝、男子個人の部では前回大会の覇者を破り3位に入賞しました。

 
 

〇成績
男子団体の部 予選リーグ1勝1分(予選リーグ2位)
女子団体の部 予選リーグ1勝1敗(予選リーグ1位)
       決勝リーグ2勝0敗 優勝
       団体選手:田房希歩(I5)、竹村心(S2)、藤原歩華(I1)
男子個人の部 3位 千田脩(S2)

 
 

〇大会URL
https://www.kendo-ct.jp/

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 全国高専大会剣道競技にて女子団体優勝、男子個人3位 Newコメントを受け付けていません

全国高専大会テニス競技にて女子ダブルスと女子団体(四国チーム)が優勝 New

 令和4年8月23日(火)~26日(金)に大神子病院しあわせの里テニスセンターにおいて全国高等専門学校体育大会テニス競技が開催されました。

 本大会に個人戦女子ダブルス(第2シード)で出場した村上・山内ペアは順調に決勝戦へ進み、徳山高専と8-8のタイブレーク(延長戦)までもつれる接戦を制し、見事優勝しました。

 また、本大会で初めて開催された地区別対抗の女子団体戦(オープン競技)においても、新居浜高専と阿南高専の選手と本校学生の四国高専チームが優勝しました。

 

〇成績
個人戦 女子ダブルス 優勝
村上しずく(I5)、山内七聖(I5)

 

女子団体戦(オープン) 四国地区 優勝

 

〇大会URL
https://www.anan-nct.ac.jp/notifications/30164/

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 全国高専大会テニス競技にて女子ダブルスと女子団体(四国チーム)が優勝 Newコメントを受け付けていません

全国高専大会陸上競技にて女子走幅跳2位、その他2種目で入賞 New

 令和4年8月20日(土)・21日(日)、愛媛県総合運動公園陸上競技場(ニンジニアスタジアム)において全国高等専門学校体育大会陸上競技が開催されました。

 本大会では、四国地区予選を通過した12種目に出場しました。この内3種目において決勝に残り、女子走幅跳2位、女子やり投5位、男子三段跳8位に入賞しました。

 
 

〇成績
女子走幅跳 2位 田房真歩(I3)
女子やり投 5位 水野さくら(S1)
男子三段跳 8位 藤原翔一(M4)

 
 

〇大会URL
https://www.yuge.ac.jp/zenkosen2022

第57回全国高等専門学校体育大会

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 全国高専大会陸上競技にて女子走幅跳2位、その他2種目で入賞 Newコメントを受け付けていません

第2回オープンキャンパスを開催しました。New

 9月4日(日)に令和4年度第2回オープンキャンパス(リモート開催)を開催しました。

 午前と午後に、計2回の配信を行い、約92名(延べ視聴者数)の方が参加されました。

 当日は、全体説明ビデオ及び学生による本校の紹介ビデオの配信、各学科や本校の特徴・魅力についての説明、チャットに寄せられた質問への回答を行いました。チャットには、多くの質問が寄せられ、参加された方の本校への関心の高さが伺えました。

 なお、本校では11月5日(土)、6日(日)に2回目のオープンキャンパスを開催予定です。今後、詳細については、オープンキャンパス特設ページ(https://www.yuge.ac.jp/open-campusで発信していきますので、定期的に確認ください。

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 第2回オープンキャンパスを開催しました。Newコメントを受け付けていません

チャレンジキャンパス2022を開催 New

 8月6日(土)に「チャレンジキャンパス2022」を開催しました。
 本イベントは、子どもたちに楽しい体験を通じて科学技術の素晴らしさ・楽しさ・夢を伝え、科学に対する興味や関心を持ってもらおうと実施したもので、当日は約120名の方が来場しました。
 当日は、「航海術を学んでお宝をさがそう!」、「マイクロビットで始めるプログラミング学習」、「手のぼりサルを作ろう!」など、趣向を凝らした14の講座に、好奇心いっぱいの子どもたちが初めての体験に目を輝かせながら、「弓削商船かがくはかせ号」の取得を目指して真剣に取り組んでいました。
 来場者からは、「普段できない体験をさせていただきありがとうございます」、「夏休みの宿題にすることができた」といった感想が寄せられました。

カテゴリー: 学校・学生トピックス | チャレンジキャンパス2022を開催 Newコメントを受け付けていません

商船学科救命講習(飛込み)を実施 New

 7月20日(水)、商船学科1年生45名と昨年度未実施者商船学科2年1名が参加し、救命講習を実施しました。
 この講習はSTCW条約の批准に伴う船舶職員法に基づく講習で、海技免許取得のために必要な正式課題の一部であり、必ず受講しなければならないものとなっています。講習の中で、学生は膨張式救命筏の使用方法や、救命胴衣の着用方法、そして弓削丸からの飛込実習等を実施しました。
 「万が一の緊急事態に船からの飛込を経験していることが命を守ることにつながる」と教員から説明を受け、学生は真剣に実習に取り組んでいる様子でした。3mの高さから飛び込む際にはさすがに緊張した様子でしたが、緊急事態においてとるべき行動を学んだようでした。

カテゴリー: 学校・学生トピックス | 商船学科救命講習(飛込み)を実施 Newコメントを受け付けていません