お知らせ」カテゴリーアーカイブ

学生相談室における感染症対策について

学生相談室における感染症対策について、別添のとおりお知らせします。
学生相談室における感染症対策 PDF
カテゴリー: お知らせ, コロナウイルス関連 | 学生相談室における感染症対策について はコメントを受け付けていません

学事予定表の変更について(全面的対面授業実施に伴う変更)

学生及び保護者の皆様

学事予定を変更しましたので、ご確認ください。

学事予定表の変更について(全面的対面授業実施に伴う変更)R2.10.21 現在
カテゴリー: お知らせ | 学事予定表の変更について(全面的対面授業実施に伴う変更) はコメントを受け付けていません

本校における「新型コロナウイルス感染症対策指針」【学生・保護者用】第3版について

学生・保護者の皆様へ

弓削商船高等専門学校

 本校における新型コロナウイルス感染症対策指針を改訂し、新型コロナウイルス感染症対策指針第3版 PDFを作成しましたので、お知らせいたします。
 ご意見等ありましたら、お問い合わせフォームへお寄せください。

【第3版における主な変更点】
○ 「移動制限都道府県」から「移動自粛都道府県」に運用を緩和し、移動後における14日間の自宅待機をなくしました。
○ 「移動自粛都道府県」から埼玉県、愛知県、京都府、福岡県を除外しました。
○ 課外活動における体育館の使用禁止を、「当分の間」から「登校後(寮生は帰寮後)4日間」に変更しました。
○ 【様式1】~【様式4】報告書の提出を電話での報告に変更しました。
カテゴリー: お知らせ, コロナウイルス関連 | 本校における「新型コロナウイルス感染症対策指針」【学生・保護者用】第3版について はコメントを受け付けていません

11月9日(月)からの全面対面授業への移行について

令和2年10月13日

学生及び保護者の皆様へ
弓削商船高等専門学校
校 長 石田 邦光

11月9日(月)からの全面対面授業への移行について(通知)


 本校では8月29日から順次帰寮を開始し、9月から遠隔と対面の並行授業を始めました。学寮では多人数部屋を廃止し個室または2人部屋にし、朝の健康観察をし、食堂も座席を一つおきに空けて座らせています。さらに、帰寮後の外出制限や外泊制限をするなど、日常生活での厳しい対策を行ってきました。
 また、学校でも、アルコール消毒液とペーパータオルの準備や、全ての学生にマスクを着用させるといった対策を続けております。寮生や通学生も感染拡大地域への不要不急の外出は控えていることや、やむを得ず感染拡大地域に行く場合は、十分に行動に気をつけて協力してくれています。10月13日現在で593名中375名(内、寮生は282名)が対面授業をしていますが、幸いなことにコロナウイルス感染症が疑われるような学生は出ておりません。

 そこで、現在自宅等で遠隔授業を受講している学生についても、学校での対面授業を実施することを決定し、11月9日(月)から、全学生593名(内寮生423名)を対面授業に全面移行することとしました。これに伴い、徐々に外泊の制限やクラブ活動の制限などの緩和をしていきます。
 寮生の帰寮日の情報などを白砂寮のHPでお知らせしていますので、ご確認ください。また遠隔から対面に切替える際は、必ず担任教員に事前連絡をお願いします。いずれの場合も、対面に切替える際には、保護者の確認サインを記入した2週間分の健康観察表を必ず提出していただきます。発熱や全身症状、感染拡大地域への外出履歴などがある場合は、様子を見て大事をとっていただくこともあります。特に遠方からの寮生は、2週間分の健康観察表を忘れた場合に、帰寮を受入れず、その場で帰宅していただくことになりますので、記入漏れや忘れることの無いように、ご家庭でも十分にご確認ください。
カテゴリー: お知らせ, コロナウイルス関連 | 11月9日(月)からの全面対面授業への移行について はコメントを受け付けていません

【重要】【10月8日変更】移動制限都道府県制度の一部変更(緩和)について

10月8日追記

 10月7日(木)より移動制限都道府県制度の変更(緩和)を行います。 
 今後、本制度は、次のとおり名称及び運用を変更します。
 就職等で該当する都道府県に移動する予定がある学生は、必ず一読ください。
 名称:移動自粛都道府県
 ① 該当都道府県の不要不急の移動を自粛する。
 ②「移動自粛都道府県」に移動後は,2週間の自宅待機をしなくてもいいこととする。
   ただし、移動後の経過観察等の自己管理を徹底すること。

移動自粛都道府県【10月7日現在】
 東京都,千葉県,神奈川県,大阪府,沖縄県

9月28日追記

9月28日(月)より移動制限都道府県から埼玉県、愛知県、京都府、福岡県を除外することとなりました。
移動制限都道府県は次のとおりとなります。
東京都、千葉県、神奈川県、大阪府、沖縄県
(9月28日現在)

9月9日追記

9月9日(水)より移動制限都道府県から兵庫県を除外することとなりました。
移動制限都道府県は次のとおりとなります。
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、福岡県、沖縄県
(9月9日現在)

8月6日追記

8月5日(水)より移動制限都道府県に沖縄県を追加することとなりました。
移動制限都道府県は次のとおりとなります。
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県、沖縄県(8月5日現在)

7月19日に通知した件について、愛知県及び福岡県をに新たに「移動制限都道府県」として指定することとなりました。


「移動制限都道府県」は本日より次のとおりとなります。
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県(7月22日現在)


新型コロナウイルスの関連情報については、インターネット等で定期的に確認してください。
参考にNHK新型コロナウイルスの特設サイトを紹介します。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/


併せて、スマートフォン等を持っている方は新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を推奨しますので、 可能な方は自分のスマートフォンにインストールをお願いします。


最後に、23日より4連休となりますが、不要不急の外出は極力控えてください。


以下、7月19日に送付した文章
—————————————————————————
学生・保護者 各位
Cc: 教員各位


新型コロナウイルスの感染拡大状況を鑑み、当面、以下のとおりとします。


7月23日から4連休になり移動する機会も増えますが、下記の「移動制限都道府県」に移動した場合は、自宅に帰着した日から14日間の自宅待機としますので、不要不急の移動を慎み、マスク着用などとともに健康観察を続けて、十分留意したうえで行動してください。なお、厚生労働省より、新型コロナウイルスの感染対策として、接触確認アプリが紹介されていますので、ご活用ください。


<移動制限都道府県について>
就職面接やインターンシップ等の必要な場合を除き、県をまたいで移動制限都道府県への不要不急の移動をしないようにしてください。なお、不要不急外の理由により、下記の移動制限都道府県に移動した場合には、症状の有無にかかわらず、自宅に帰着した日から14日間は自宅待機(外出を控え他者への感染拡大を防ぐ)し、健康観察を行ってください。「移動制限都道府県」「適用期間」共に、新型コロナウイルスの感染拡大状況に応じて適宜、更新します。


(移動制限都道府県)
東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県(7月17日現在)
(適用期間)
当面の間


〇就職やインターンシップなどで移動する場合、必ず事前に担当教員に申請してください。

カテゴリー: お知らせ, コロナウイルス関連 | 【重要】【10月8日変更】移動制限都道府県制度の一部変更(緩和)について はコメントを受け付けていません

令和2年度オープンキャンパスの開催について(11/7,8)

 このことについて、11月7日(土)・8日(日)に令和2年度第2回オープンキャンパスを開催することとなりました。1回目はオンラインでの開催となりましたが、新型ウイルスコロナ感染症対策を徹底したうえで、2回目は皆様に学校にお越しいただき実施いたします。
 つきましては、本校に興味を持っていただいている中学校の皆さまのお越しをお待ちしておりますので、https://www.yuge.ac.jp/open-campusから参加申込みくださいますようお願いいたします。
カテゴリー: お知らせ | 令和2年度オープンキャンパスの開催について(11/7,8) はコメントを受け付けていません

今治港弓削丸乗船体験及び進路相談会の実施について(11/1)

 このことについて、11月1日(日)に今治市で弓削丸乗船体験及び進路相談会を実施します。ご興味のある今治地区及び近隣の中学生の方はぜひご参加ください。
 詳細は、https://www.yuge.ac.jp/barishipをご覧ください。
カテゴリー: お知らせ | 今治港弓削丸乗船体験及び進路相談会の実施について(11/1) はコメントを受け付けていません

休み中の相談窓口について

学校が休みの間は、学校の相談窓口もお休みです。
緊急の場合に相談できる、相談窓口をご案内します。

相談窓口リーフレット PDF
カテゴリー: お知らせ | 休み中の相談窓口について はコメントを受け付けていません

日本学生支援機構奨学生(二次採用)の募集(10/23締切)

 日本学生支援機構奨学金の二次採用(秋募集)を実施します。
 二次採用では、給付奨学金(授業料免除)と貸与奨学金(第2種)の申請が可能です。

※令和2年度から高等教育の修学支援新制度が始まり、
 今回の「給付奨学金」が従来の授業料免除を兼ねるものとなります。

応募を希望される方は、「学生課学生支援係窓口」または「郵送」で資料をお渡ししますので、指定された期日までに必要な手続きを行ってください。

1.対象学生
 令和2年度本科4・5年生 、専攻科1・2年生

2.申請受付
 希望者は10月9日(金)までに学生課学生支援係(0897-77-4621)へ電話もしくは窓口でご連絡ください。
 申請書類一式をお渡し(郵送)いたします。

3.資料提出締切
 10月23日(金)

4.本科5年生、専攻科1・2年生については、従来の授業料免除を併せて申し込むことが可能です。
  詳しくは 令和2年度後期授業料免除申請の受付についてをご覧ください。  

日本学生支援機構の奨学金については専用ページから詳細をご確認いただけます。
(リンク:https://www.jasso.go.jp/shogakukin/

5.担当
弓削商船高等専門学校
学生課学生支援係
TEL0897-77-4621
カテゴリー: お知らせ | 日本学生支援機構奨学生(二次採用)の募集(10/23締切) はコメントを受け付けていません

令和2年度後期授業料免除申請の受付について(10/23締切)

 令和2年度後期授業料免除申請について、下記①~④のとおり実施します。
 選考のうえ、家計状況に応じて、授業料免除を受けることができます。

【免除制度】
①高等教育の修学支援新制度による授業料等の減免(給付奨学金)
 対象:日本学生支援機構の給付奨学金の認定要件を満たす者(本科4年生以上)
 「日本学生支援機構奨学生(二次採用)の募集(10/23締切)」をご確認ください。
※学業成績・家計の経済状況に基準があります。
 学生支援機構の「進学資金シミュレーター」にて大まかに対象となるか確認できます。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

②経過措置による国立高等専門学校機構における授業料免除
 対象:①の新制度に申請する本科5年生・専攻科1・2年生
    ①の新制度で「全額免除」以外の減免認定額の本科5年生・専攻科1・2年生
    ※②の減免額が、①による免除額を上回る場合、差額が免除されます。

③国立高等専門学校機構における授業料免除
・各期の授業料の納付前6月内において、学資負担者が死亡又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた者(全学年)
・就学支援金対象外の者であり、かつ学業優秀と認められる者(本科1~3年生のみ)
・就学支援金対象外で、家計急変のあった者(全学年)
・就学支援金加算支給が不可能な者(私費留学生等)(本科1~3年生のみ)

④災害特例による授業料免除
・学生本人の居住地、又は学資負担者の居住地又は勤務地が災害により災害救助法適用地域に指定されてから1年以内の者(全学年)

【申請方法】
授業料免除の申請を希望される方は、申請書類を郵送いたしますので、
10月9日(金)までに学生課学生支援係(0897-77-4621)へ電話もしくは窓口でご連絡ください。

※本科1~3年生は高等学校等就学支援金制度の対象となるため、①、②による授業料免除制度は対象外となっております。
※前期授業料免除を申請した際に後期を含めて申請された方は、再度申請していただく必要はありません。

【提出期限】10月23日(金)必着

【担当】
弓削商船高等専門学校
学生課学生支援係
TEL0897-77-4621
カテゴリー: お知らせ | 令和2年度後期授業料免除申請の受付について(10/23締切) はコメントを受け付けていません