技術振興会主催の「出張講演」を開催

 弓削商船高専は、技術振興会主催の「出張講演」を10月23日(水)に今治市にある美須賀コミュニティプラザで開催した。

 この「出張講演」は、本校教員が技術振興会会員企業へ出向き、講演を行うもので、今年度は12件の講演を予定し、募集を募った。その1回目の講演として、今治商工会議所女性会から依頼のあった「簡単手作り石鹸講座」を開催した。今回の講座には、15名の参加者があった。

 まず、講師の伊藤先生から今回作る石けんの成分、材料、分量、作り方の説明があった後、作業に取りかかった。参加者は、水酸化ナトリウムを計ることから始めたが、普段馴染みのない材料や計器に戸惑いながらも和気藹々と作業を進めていった。講師の先生もいつもとは違う場所での講演とあって、作業に工夫をされた様子であった。

 石けんの基となる液体ができあがり、それを流し入れたペットボトルを振り、鹸化させたところまでを行った。これを一月ほど固めて石けんが出来ることを知った参加者は少し残念そうであった。

 講演終了後、参加者からは「思ったよりも簡単にできますね。」「香りをつけるにはどうしたらいいのですか。」「他の講演はしてもらえますか。」などの声が聞かれた。

カテゴリー: 研究・教員トピックス パーマリンク