「高専教育論文賞」の表彰式を全国高専教育フォーラムで挙行

 本校,田房友典教授(情報工学科),葛目幸一教授(情報工学科),向井利夫技術職員(技術支援センター)が連名で執筆した論文が「高専教育論文賞」を受賞しました.
 これは,全国の高専における教育研究,学生指導及び留学生・国際交流を掲載した平成25年度論文集「高専教育」第37号の査読論文の中から,国立高等専門学校機構教育・FD委員会(委員長:上月正博 高専機構理事)による選考のもとで選出され優秀論文10編(117編の中から選考)のうちの1つとして表彰を受けたものです.
 表彰式は8月26日に金沢市で開催された全国高専教育フォーラムにおいて執り行われ,代表で田房教員が受賞式に出席してきました.

【論文題目】 :メコン川における水深の三次元地形自動計測艇の共同開発-国際交流協定による文化交流・共同研究の実践-

【執筆者】  :田房友典教授(情報工学科),葛目幸一教授(情報工学科),向井利夫技術職員(技術支援センター),スパチャイ・プライネット(タイ王国ナコンパノム大学),ダオサクン・コンヨン(タイ王国ナコンパノム大学)

【表彰理由】 :国際交流協定に基づき実施された,研究協力や技術協力の成果が述べられており,他高専においても,国際的に活躍できる技術者教育を行う際に,有益と思える知見が示されている。
カテゴリー: 研究・教員トピックス パーマリンク