国際シンポジウムで「ベストプレゼンテーション賞」を受賞

 生産システム工学専攻2年生・田頭香奈子さんは、8月、マレイシアで開催された「ISTS2015(International Symposium on Technology for Sustainability)2015」(和訳:持続可能な社会構築への貢献のための科学技術に関する国際シンポジウム)において、専攻科での研究成果を発表し、「ベストプレゼンテーション賞」を受賞しました。
 今年のシンポジウムには、アジアや日本から総勢100名を超す大学生や高専生が参加し、表彰を受けた6名の学生の一員に選ばれました。
 田頭さんは、「シンポジウムに参加して、日本の高専生だけでなく、アジアの大学生たちとも交流でき、彼らのモチベーションの高さに大いに刺激を受けた」ようです。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク