アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2015・四国地区大会に出場しました

 10月25日(日)、全国高等専門学校ロボットコンテスト2015・四国地区大会が、香川高等専門学校詫間キャンパスで開催され、本校より次の2チームが出場しました。

■Aチーム マシン名(HIMEMADONNA)
 指導教員:前田弘文  矢野祐貴(3年)、山本廉太(2年)、石川敬太(1年)
■Bチーム マシン名(くま)
 指導教員:大澤茂治  林祐希(5年)、松本勝行(5年)、森雅哉(5年)

 本大会では、四国の5高専6キャンパスが自作ロボットを駆使し、太さや高さの異なる様々なポールに輪を投げ入れて、競技時間または得点を競いました。駆けつけた応援団の声援のもと、本校2チームともに奮闘しましたが、残念ながら両チームともに1回戦敗退となりました。

×弓削Aチーム 「HIMEMADONNA」 ○阿南高専Aチーム 「AQSent」 2-6
×弓削Bチーム 「くま」 ○香川高専(高松)Bチーム 「迅」 1-9

 なお閉会式では、輪が弧を描く曲線が秀逸だったとして、発射に弓を使ったBチーム「くま」が、デザイン賞を受賞しました。
 12チームのうち全国大会出場が決まったのは、次の2チームです。

■香川高等専門学校(詫間) Bチーム Force
■香川高等専門学校(高松) Aチーム Beehive

 本地区大会の様子は来月15日(日)午前11時より、全国大会は12月末にNHK総合テレビにて放送される予定です。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク