5月23日(火)、3年生以上の学生を対象に「選挙啓発講座」を実施しました

 公職選挙法が改正され、選挙権が18歳以上に引き下げられたことに伴い、愛媛県および上島町選挙管理委員会の方々等をお招きし、18歳をむかえる3年生以上の学生を対象として、「選挙啓発講座」を本校第二体育館で開催しました。
 まず、上島町選挙管理委員会・近藤委員長から、挨拶および選挙改正に係る経緯等について説明があり、ついで愛媛県選挙管理委員会・川崎主任より、スライドを用いた講習がありました。講習は、選挙の仕組み、政治とのつながり、投票の意義等をクイズを交えて進められ、投票が、私たちの生活と非常に関わりがあること等が伝えられました。
 後半は、愛媛県のマスコットキャラクター「みきゃん」も駆けつけ、参加した全学生が会場に設置された投票箱等を利用し、模擬投票を体験しました。20歳未満の学生にとっては、今回の模擬投票を実施することにより、投票の仕方を新たに学ぶことができました。全学生の投票後、愛媛県選挙管理委員会・宮崎様より講評・挨拶があり、今回の講義内容等を踏まえ、積極的に選挙に参加するよう呼びかけがありました。最後に学生代表・原悠登さんよりお礼の挨拶があり、選挙の仕組み・投票方法等を学ぶことができ、大変有意義だったこと、および今後投票に積極的に参加することが伝えられました。
 この度は、選挙・投票について貴重な講座を開催頂き、愛媛県・上島町関係者には心よりお礼申し上げます。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク