練習船「弓削丸」による体験航海「一日船長」を実施

 7月30日(土)、31日(日)の2日間、弓削商船高専では、練習船「弓削丸」による体験航海「一日船長」を愛媛県松山市及び今治市で実施した。
 両日とも受付開始1週間程度で定員の50名に達し、参加回数が複数回になる方も増えてきており、海の日に関連した本校の行事として関心の高さ、人気の高さが伺えた。
 体験航海は2日間で計100名の親子が参加し、船内では、子ども達がブリッジで舵を取って操船したり、コントロールルームで計器の説明を受けたり、甲板から望遠鏡で遠くの島や船を眺めるなど、好奇心旺盛な子どもたちはそれぞれ思い思いに約1時間の船旅を楽しんだ。
 体験航海の最後には、参加した子どもたち一人一人に、記念として「船長証明書」が手渡され、笑顔で保護者のもとへ持ち帰り、誇らしげに見せていた。
 参加者からは「今まで船の知らなかったことをたくさん知ることができてよかった」「今日学んだことを自由研究に生かしたい」「自由に船内を見ることができて楽しかった」等の感想が寄せられた。海事に関係した行事で、当地域へ貢献でき、大変有意義な2日間となった。
カテゴリー: お知らせ パーマリンク