マイコン部が起業家甲子園で総務大臣賞を受賞しました

 3月7日にコクヨホール(東京都品川区)で開催された総務省NICT主催の第6回「起業家甲子園」において、本校マイコン部のチーム「Knee’s Needs ー英姿颯走ー」が、全国から選抜された8チームによる最終プレゼンを経て、総務大臣賞および企業賞5件の栄誉を勝ち取りました。
 本システムは起業家甲子園のメンターである福野泰介氏(株式会社Jig.jp代表取締役社長)により全国高専プロコンからノミネートされたものです。本校の起業家甲子園への出場は初めてのことです。チームはファイナリストの特典である「シリコンバレー起業家育成プログラム」にも参加し、シリコンバレーで活躍する方々の講演や企業の見学などを通して知見を深めています。
 システムは両膝と背中に3軸加速度センサ、胸部に心拍計を取り付け、Bluetoothでスマートフォンに接続し、膝や姿勢の状態を収集・分析し、リアルタイムにイラストやグラフで表示し、アドバイスをテキスト及び音声でランナーに伝えるものです。
 3月5日に行われたゆめしま街道いきなマラソンでは、チームメンバがシステムを装着して参加し、システムの動作チェックや完成度の確認を行いました。
 センサを用いない簡易版アプリは3月中にリリース予定となっています。今後は事業化を目指し、さらにシステムの改善を進めていきたいと意気込みを語っています。

チームメンバー:瀬尾敦生(生産1年)、井上香澄(情報3年)、伊藤清里菜(情報2年)、小山祐佳(情報2年)、村上智哉(情報2年)

指導教員:長尾和彦(情報工学科)

賞一覧:総務大臣賞、アマゾンウェブサービス賞、クラウドワークス賞、NTTデータ賞、ソフトバンク賞、日本マイクロソフト賞
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク