公開講座「バスケットボール教室」(第3回)を開催

 弓削商船高専では、3月12日(日)に公開講座「バスケットボール教室」(全3回のうち第3回目)を町内の小学生17名の参加のもと、弓削商船高専バスケ部の協力を得て開催しました。
 始めに、第1、2回目同様にボールを使ったストレッチやドリブルを取り入れた鬼ごっこなどで、互いに声を掛け合いコミュニケーションをとりながら準備運動を行いました。
 その後、講師からオフェンス時、ディフェンス時それぞれでのフットワークについて説明があり、その説明をもとに方向転換やターンの練習、ディフェンスの練習を行って、基礎的な動き方を学びました。
 次に、シュートについては第1、2回目から発展させて、シュートを打つ際のバランスや重心についての説明があり、子どもたちは真剣に講師の説明を聞いていました。説明の後、仰向けの状態からボールを真上に上げる練習やイスを使ったシュート練習を行い、シュートの感覚について正しく学びました。
 最後に、試合形式のゲームを行い、講師に教わったこと一つ一つを試し、皆が満足した様子でバスケットボール教室を終えることができました。
 参加者からは、「いろいろなステップやコツを知れてすごく勉強になった」「前より上手になれたし初めて会った人たちと協力できて楽しかった」などの感想が寄せられ、全部で3回実施した本講座は子どもたちにとって技術力の向上だけでなく、バスケットボールの楽しさを改めて感じることのできた貴重な時間となったことが伺えました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク