公開講座「3Dプリンタで“かみりん”をつくろう。」を実施

 弓削商船高専では、8月5日(土)に公開講座「3Dプリンタで“かみりん”をつくろう。」を実施しました。
 この講座には、小学校1年生から6年生までの5名が参加しました。最初に講師から3Dプリンタの成り立ちや仕組みについて説明があり、3Dプリンタについて学ぶことができました。
 その後、あらかじめ3Dプリンタで作製された上島町のゆるキャラ“かみりん”が一人一人に配られ、まずは凹凸をなくすために表面を研磨材で削る作業を行いました。しばらくして表面が滑らかになると、絵の具で好きな色を作り、色付けの作業を行い、最後に装飾品を作って完成させました。
 どの工程も細かな作業が多く、難しそうにする場面も見られましたが、完成後は自分だけのオリジナルの“かみりん”を満足そうにじっくりと眺めていました。
 子ども達からは、「色を塗るのが難しかったけど上手に出来たのでうれしかった。3Dプリンタはすごいと思った。」などの感想が寄せられました。
カテゴリー: お知らせ パーマリンク