公開講座「石鹸作りを通した簡易鋳造体験」を実施

 弓削商船高専では8月24日(木)に公開講座「石鹸作りを通した簡易鋳造体験」を実施しました。
 まず講師から、石膏型や砂型など、いろいろな鋳造方法について説明がありました。
 今回は、簡易的に鋳造を体験してもらうため、熱湯で柔らかくなり、冷やすと固まる性質を持つプラスチック粘土を使って鋳型を作製し、上島町のゆるキャラ「かみりん」の形をした石鹸を作りました。
 最初に熱湯で粘土を柔らかくし、3Dプリンタで作られた原形の「かみりん」の前半分に空気が入らないように貼り付けてから、冷水の中で固めました。その後、 残り半分に再び柔らかくした粘土を貼り付けて固め、「かみりん」を取り出して、型を作製しました。出来上がった型に溶かして色づけをしたグリセリンソープを流し入れ冷水の中で固めると、「かみりん」の形の石鹸が完成しました。
 受講生からは、「かみりんの石鹸が作れて嬉しかったです」「また作りたいです」などの感想が寄せられました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク