国立モンゴル科学技術大学でのインターンシップ・国際交流

 平成30年8月22日(水)~ 9月3日(月)、モンゴルウランバートル市にある国立モンゴル科学技術大学・動力工学校、国立モンゴル科学技術大学・交通機械工学校で本校の5名の学生(生産システム工学専攻1名、電子機械工学科5年生1名、情報工学科4年生3名)が国際インターンシップに参加しました。国際交流推進室のガンバット教授が引率しました。
 学生達はモンゴルの民族歴史博物館、チンギスハーン像テーマパーク(Genghis Khan Equestrian Statue)、寺などを見学しました。また、インターンシップの研究テーマである「ウランバートルの大気中の粒子状物質の濃度の測定」、「自動車エンジンの排気ガスの測定」実験を行いました。参加した5名の学生にとって国際的な視野を持った技術者として成長するための良い刺激となりました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク