「今治市ものづくり体験講座」を実施

 11月15日(木)、今治市の海に関するものづくり体験講座として今治市立近見中学校1年生56名、教員等10名が大三島井口港より練習船「弓削丸」に乗船し、弓削商船高専を訪問しました。
 注意事項等の説明の後、弓削丸に乗り込んだ生徒たちは、日本における船の役割や重要性、船に関わる様々な仕事についての講義や、本校についての説明を受けました。本校桟橋に入港後、生徒たちは艇庫や本校施設の見学、各学科の体験授業を行いました。復路では、弓削島沖に仮泊中の日本丸を見学しました。その後は、船内を自由に見て回り、疑問に感じることがあれば教員に積極的に質問するなど、船に対して高い関心を持っていることが伺えました。実体験を通してものづくりの楽しさを感じることができ、また、海洋人材の必要性や重要性について深く学ぶことができ、大変貴重な時間となりました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク