公開講座「VRの世界を体験してみよう」を実施

 弓削商船高専では、12月8日(土)に小学校4年生から6年生を対象とした公開講座「VRの世界を体験してみよう」を実施しました。
 最初に講師から最近よく耳にするVR(仮想現実)、AR(拡張現実)、MR(複合現実)の違いについて説明がありました。その後、子どもたちは、練習船弓削丸のエンジンルームやブリッジ、また、海中にあるスクリューや舵の360度写真を、タブレットを使っていろいろな角度に傾けながら楽しみました。次に、360度カメラを使った撮影を体験し、自ら撮影した360度写真をタブレットで見てVRの世界を楽しみました。
 子どもたちからは、「ぼくはVRを初めて体験したり360度カメラを使ったりして楽しかったし少し勉強になったのでこの経験を活かしたい」などの感想が寄せられました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク