Androidアプリ開発入門講習会を実施しました

 3月8日(金)、日本Androidの会香川支部から2名の講師を本校情報処理演習室にお招きして、「Androidアプリ開発入門講習会」を実施しました。情報工学科3年生から5年生、専攻科生の希望者23名が参加し、9時から休憩を挟んで17時まで、実機(スマートフォン)に開発したアプリをインストールするまでを学習しました。
 講習会は、アプリ開発の基本を学び、ボタンだけのアプリからセンサー利用、音声認識、画像処理などクラウドを利用したサービスを利用したアプリの作成方法を体験しました。
 アプリの作成方法を学んだ学生たちは、今後、地域の抱える問題などをスマホアプリを利用して解決するプロジェクトを推進していく計画です。本取組みは、KOSEN(高専)4.0イニシアティブ平成30年度事業として「離島工学に基づく防災・減災に精通したIoT技術者育成プログラム」の一環として実施した事業です。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク