第16回運営諮問会議を開催しました

 弓削商船高専は、12月16日(月)に第16回運営諮問会議を開催しました。本会議は、外部有識者から学校の管理運営及び教育研究活動の状況について意見を聴き、学校運営の一層の発展に資することを目的として毎年開催しているものです。
 会議前半では、第15回運営諮問会議で提言された「第4期中期計画に向けた準備の現状と課題」及び「平成30年度“KOSEN(高専)4.0”イニシアティブ事業『離島工学に基づく防災・減災に精通したIoT技術者育成プログラム』の中間報告について」に対する本校の様々な取組について担当教員から説明し、運営諮問委員から助言を頂きました。
 会議後半では、今回の諮問事項である「本校のFD・SD」について、本校校長から諮問の背景について説明した後、担当教員から現在の取組状況及び課題を説明し、運営諮問委員から、教員の管理運営能力や技術職員の教育力の向上といった観点から提言がなされました。今回頂いた提言を基に、今後更なる改善を図ってまいります。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク