電子機械工学科”藤本教授”が機械学会にて 学生員増強功労者表彰を受け取る

 平成27年3月5日および6日に,近畿大学工学部において機械学会中国四国支部の第53期学術講演会および総会が開かれました.
 本校からは生産システム工学専攻の穴見太志学生(指導教員大根田浩久准教授)が学生員発表講演会において「快削鋼の加工面性状に関する基礎的研究-刃先丸みの大きさが表面粗さに及ぼす影響-」と題して発表しました.
 また,電子機械工学科の藤本隆士教授が,総会において学生員増強功労者表彰を受けとりました.
カテゴリー: 研究・教員トピックス パーマリンク