弓削商船高専で第13回運営諮問会議を開催

 弓削商船高専では、第13回運営諮問会議を12月14日(水)に開催した。本会議は、外部有識者から学校の管理運営及び教育研究活動の状況について意見を聴き、学校運営の一層の発展に資することを目的としている。
 会議ではまず、第12回運営諮問会議で提言された「男女共同参画の推進」に対する対応として、男女共同参画推進室の取組、女子学生確保のための広報活動、女子寮の整備状況、カウンセラーの増強などの様々な取組について担当教員より説明し、運営諮問委員からアドバイスを受けた。
 次に、今回の諮問事項として、「教育の充実」について、現状と今後の課題を担当教員より説明した。その後、運営諮問委員間で活発な議論が交わされ、教育の充実に向けた効果的、効率的な取組の推進について提言がなされた。
カテゴリー: 研究・教員トピックス パーマリンク