弓削商船電子機械工学科チーム、四国EVラリーで入賞

 今年夏、昨年に続いて四国EVラリー大会にチャレンジ、みごと入賞を果たしました。
 参加したのは電子機械工学科卒業研究のチームで5年生の松葉君と木村君です。
 4月から昨年のマシンに続いてもう1台の電動原動機付き自転車をママチャリで制作。登録、整備など数々の難関を乗り越え8月26日、27日に淡路島で行われた大会に2台のマシンで参加しました。参加チームは少なかったのですが、昨年は入賞もできず、屈辱を味わった担当の益崎教諭の執念で何とか2台とも2,3位という結果がでました。
 参加部門はそれぞれ鉛亜鉛電池とリチウム電池の部門の2輪原動機付き自転車で参加できるもので、競技方法は2日間合計12時間を走り続けてスタンプラリーのようにチェックポイントを訪問して得点を得ていくものです。
 本校の参加した2台は自転車と同じように足で漕ぐこともできるハイブリットマシンでもあり、学生は2年間、漕ぎ続けることで成果も得ることができ大変だったようです。
 2年参加したことで、やっと来年は優勝が狙えるところまで来たと参加学生は自信を持っているようです。今後の応援をよろしくお願いします。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク