ナコンパノム大学の学生と本校学生による共同研究プロジェクト

 本校と国際交流協定を締結し共同研究プロジェクト「メコン川の水深計測ロボットの開発」を実施しているタイ・ナコンパノム大学(Nakhon Phanom University, Thailand)へ、学生6名(情報工学科4年生4名、電子機械工学科4年1名、電子機械工学科5年1名)、教員2名が2019年12月19日から29日まで訪問しました。引率は電子機械工学科ガンバット教員と情報工学科益崎教員の2名が行いました。
 学生たちはタイのアユタヤ遺跡を見学した後、NECプラットフォームズタイ工場にて最新のスマート工場の見学を行いました。その後タイのナコンパノムにて、タイとラオスの国境にあるメコン川を見学、ナコンパノム大学の産業技術学部(Faculty of Industrial and Technology)の電気工学科や実習工場、航空科、バイオマス工場などの施設の見学を行いました。今回のプロジェクトではナコンパノム大学の学生と本校学生が協力し、プロジェクト「PUSH IT UP」を実施し、英語でコミュニケーションを取りながらお互いの技術を駆使しながら課題を解決する新たなプロジェクトも実施しました。
 また、ナコンパノム大学の学長(Asst. Prof. Phatthanaphong Wanchanthuek)と産業技術学部の学部長(Asst. Prof. Dr. Kumron Sirathanakul)と面談を行い、本交流プロジェクトの今後の継続を強く確認してきました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク