令和2年度後期授業料免除申請の受付について(10/23締切)

 令和2年度後期授業料免除申請について、下記①~④のとおり実施します。
 選考のうえ、家計状況に応じて、授業料免除を受けることができます。

【免除制度】
①高等教育の修学支援新制度による授業料等の減免(給付奨学金)
 対象:日本学生支援機構の給付奨学金の認定要件を満たす者(本科4年生以上)
 「日本学生支援機構奨学生(二次採用)の募集(10/23締切)」をご確認ください。
※学業成績・家計の経済状況に基準があります。
 学生支援機構の「進学資金シミュレーター」にて大まかに対象となるか確認できます。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

②経過措置による国立高等専門学校機構における授業料免除
 対象:①の新制度に申請する本科5年生・専攻科1・2年生
    ①の新制度で「全額免除」以外の減免認定額の本科5年生・専攻科1・2年生
    ※②の減免額が、①による免除額を上回る場合、差額が免除されます。

③国立高等専門学校機構における授業料免除
・各期の授業料の納付前6月内において、学資負担者が死亡又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた者(全学年)
・就学支援金対象外の者であり、かつ学業優秀と認められる者(本科1~3年生のみ)
・就学支援金対象外で、家計急変のあった者(全学年)
・就学支援金加算支給が不可能な者(私費留学生等)(本科1~3年生のみ)

④災害特例による授業料免除
・学生本人の居住地、又は学資負担者の居住地又は勤務地が災害により災害救助法適用地域に指定されてから1年以内の者(全学年)

【申請方法】
授業料免除の申請を希望される方は、申請書類を郵送いたしますので、
10月9日(金)までに学生課学生支援係(0897-77-4621)へ電話もしくは窓口でご連絡ください。

※本科1~3年生は高等学校等就学支援金制度の対象となるため、①、②による授業料免除制度は対象外となっております。
※前期授業料免除を申請した際に後期を含めて申請された方は、再度申請していただく必要はありません。

【提出期限】10月23日(金)必着

【担当】
弓削商船高等専門学校
学生課学生支援係
TEL0897-77-4621
カテゴリー: お知らせ パーマリンク