全教職員対象「学生支援研修」を実施 New

 全教職員対象の学生支援研修を、令和3年4月23日(金)15時50分~16時40分、アセンブリホールに於いて実施しました。
 高専での事件・事故の概要と特徴や、事件事故対応のポイント、連携・協働による学生支援の重要性について、水崎 一良学生主事が説明しました。
 また、面談に適切な構造および姿勢や面談の体験的学習および振り返り、学生との面談における基本的事項を、グループワークも交えて真鍋 一水カウンセラーが説明しました。
 当日参加した教職員63名は、皆熱心に講師の話に聞き入っていました。今後、本研修の録画ビデオにより全教職員が修了する予定です。
 感想文には、以下の内容が寄せられました。
 「高専ならではの事件事故への対応が必要であると分かった」「具体的な改善点がいくつも見つかる、実り多い研修だった。」「無口な学生との面談について、もう少し詳しく知りたい。」「実践的な研修は大変ありがたく、勉強になった。」

 学生支援の現状と課題を共有し、諸問題に対応する際のポイントを理解し、学生との面談における基本的事項を習得することができ、有意義な研修となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス パーマリンク