ハワイ大学カウアイコミュニティカレッジとのオンライン国際交流プログラム New

 令和4年2月26日~3月12日までの3週間にわたって、商船系高専とハワイ大学カウアイコミュニティカレッジ(KCC)との国際交流プログラムがオンラインで実施されました。本プログラムは、商船系高専とKCCとの間で毎年行われている国際交流プログラムであり、今年で13回目を迎えます。
 今回、本校から商船学科の4名の学生(3年生1名、1年生3名)が参加し、他4商船系高専の18名の学生とKCC学生および各校教員も含めた39名で実施しました。
 本プログラムは、オンタイムでの3回の講義(2月26日・3月5日・3月12日の各2時間)、毎週ビデオ視聴による課題とオンライン掲示板Padletを使用した自己紹介や地元自慢などがあり、SNSを通じて3週間行われました。
 オンタイムでの講義は、KCCの先生によって和気あいあいとした雰囲気で進められ、参加学生たちは慣れない英会話に苦戦しながらも、異文化コミュニケーションやハワイの伝統航海術などについて楽しく学んでいました。最終日には日本人学生たちからサプライズとして、感謝のメッセージボードをKCCのみなさんに発表しました。
 来年度以降、新型コロナウイルス感染症が収束に向うと考え、現地でのプログラム再開予定です。学生たちは、ぜひ積極的にプログラムに参加し、貴重な異文化コミュニケーションに参加しましょう。
 また商船学科で行っている放課後の英会話教室は今年度も行っていますので、積極的に参加して下さい。

カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク