月別アーカイブ: 2020年10月

日本学生支援機構奨学生(二次採用)の募集(10/23締切)

 日本学生支援機構奨学金の二次採用(秋募集)を実施します。
 二次採用では、給付奨学金(授業料免除)と貸与奨学金(第2種)の申請が可能です。

※令和2年度から高等教育の修学支援新制度が始まり、
 今回の「給付奨学金」が従来の授業料免除を兼ねるものとなります。

応募を希望される方は、「学生課学生支援係窓口」または「郵送」で資料をお渡ししますので、指定された期日までに必要な手続きを行ってください。

1.対象学生
 令和2年度本科4・5年生 、専攻科1・2年生

2.申請受付
 希望者は10月9日(金)までに学生課学生支援係(0897-77-4621)へ電話もしくは窓口でご連絡ください。
 申請書類一式をお渡し(郵送)いたします。

3.資料提出締切
 10月23日(金)

4.本科5年生、専攻科1・2年生については、従来の授業料免除を併せて申し込むことが可能です。
  詳しくは 令和2年度後期授業料免除申請の受付についてをご覧ください。  

日本学生支援機構の奨学金については専用ページから詳細をご確認いただけます。
(リンク:https://www.jasso.go.jp/shogakukin/

5.担当
弓削商船高等専門学校
学生課学生支援係
TEL0897-77-4621
カテゴリー: お知らせ | 日本学生支援機構奨学生(二次採用)の募集(10/23締切) はコメントを受け付けていません

令和2年度後期授業料免除申請の受付について(10/23締切)

 令和2年度後期授業料免除申請について、下記①~④のとおり実施します。
 選考のうえ、家計状況に応じて、授業料免除を受けることができます。

【免除制度】
①高等教育の修学支援新制度による授業料等の減免(給付奨学金)
 対象:日本学生支援機構の給付奨学金の認定要件を満たす者(本科4年生以上)
 「日本学生支援機構奨学生(二次採用)の募集(10/23締切)」をご確認ください。
※学業成績・家計の経済状況に基準があります。
 学生支援機構の「進学資金シミュレーター」にて大まかに対象となるか確認できます。
https://www.jasso.go.jp/shogakukin/oyakudachi/shogakukin-simulator.html

②経過措置による国立高等専門学校機構における授業料免除
 対象:①の新制度に申請する本科5年生・専攻科1・2年生
    ①の新制度で「全額免除」以外の減免認定額の本科5年生・専攻科1・2年生
    ※②の減免額が、①による免除額を上回る場合、差額が免除されます。

③国立高等専門学校機構における授業料免除
・各期の授業料の納付前6月内において、学資負担者が死亡又は学生若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた者(全学年)
・就学支援金対象外の者であり、かつ学業優秀と認められる者(本科1~3年生のみ)
・就学支援金対象外で、家計急変のあった者(全学年)
・就学支援金加算支給が不可能な者(私費留学生等)(本科1~3年生のみ)

④災害特例による授業料免除
・学生本人の居住地、又は学資負担者の居住地又は勤務地が災害により災害救助法適用地域に指定されてから1年以内の者(全学年)

【申請方法】
授業料免除の申請を希望される方は、申請書類を郵送いたしますので、
10月9日(金)までに学生課学生支援係(0897-77-4621)へ電話もしくは窓口でご連絡ください。

※本科1~3年生は高等学校等就学支援金制度の対象となるため、①、②による授業料免除制度は対象外となっております。
※前期授業料免除を申請した際に後期を含めて申請された方は、再度申請していただく必要はありません。

【提出期限】10月23日(金)必着

【担当】
弓削商船高等専門学校
学生課学生支援係
TEL0897-77-4621
カテゴリー: お知らせ | 令和2年度後期授業料免除申請の受付について(10/23締切) はコメントを受け付けていません

令和2年度商船学科卒業式・専攻科(海上輸送システム工学専攻)修了式を挙行しました

 令和2年9月29日(火)、令和2年度商船学科卒業式・専攻科(海上輸送システム工学専攻)修了式を挙行し、卒業生44名及び修了生2名に卒業証書・修了証書が授与されました。
 今年度は、卒業生、修了生、保護者及び教職員のみの出席とし、座席の間隔を空けるなど、新型コロナウイルス感染予防対策をとった上で式典を挙行しました。
 石田校長から「皆さんが素晴らしい人生行路を進まれることを祈念します」と式辞が述べられました。
 続いて、在校生総代の商船学科4年・吉岡祐希さん(代読:電子機械工学科4年・德岡青樹さん)が送辞を述べた後、卒業生総代の中西柊斗さんによる答辞が行われました。
 最後に、卒業生一同が登檣礼(とうしょうれい)を実施し、「ごきげんようー!」の掛け声とともに、全員の制帽が美しく宙を舞いました。
 卒業生・修了生たちは弓削商船高専での思い出を胸に、社会という大海原へ出航しました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 令和2年度商船学科卒業式・専攻科(海上輸送システム工学専攻)修了式を挙行しました はコメントを受け付けていません