公開講座「石鹸作りを通した簡易鋳造体験」を実施

 弓削商船高専では8月10日(水)に公開講座「石鹸作りを通した簡易鋳造体験」を実施した。
 まず講師から、石膏型や砂型などの鋳造方法について説明があった。
 今回は、熱湯で柔らかくなり、冷やすと固まる性質を持つポリエチレンの樹脂を使いサザエの殻の形をした石鹸を作った。
 最初に熱湯で樹脂を柔らかくし、コップ半分に敷き詰め、 そこにサザエの殻を押し込み冷水の中で固めた。その後、 残り半分に再び柔らかくした樹脂を入れ固め、 サザエの殻を取り出して、型を作成した。最後に出来上がった型に柔らかくした石鹸を流し入れて、水が入らないよう気をつけながら冷水の中で固めることでサザエ型石鹸が完成した。
 型から取り外した石鹸はサザエの細かいデコボコまで再現されており、 受講生から驚きの声があがった。
 受講生からは、「楽しかったのでまた参加したいと思いました」「小学生にもわかりやすい講座で良かったです」などの感想が寄せられた。
カテゴリー: 学校・学生トピックス パーマリンク