月別アーカイブ: 2019年6月

令和元年度知的財産セミナーを開催しました

 令和元年6月20日(木)、本校アセンブリホールにて知的財産セミナーを開催しました。
 本セミナーは、国立高等専門学校機構と日本弁理士会との連携・協力に関する協定に基づき毎年実施しているもので、今年度は、日本弁理士会から壬生弁理士事務所の壬生 優子弁理士に講師として来校いただき、学生、教職員等を含め約130名が受講しました。
 セミナーでは「現場で役立つ知的財産」と題して、特許情報プラットフォーム(J-PratPat)を用いた特許検索の実演や著作権についてのクイズなどを交えながら分かりやすく講義いただきました。
 受講者からは、「身近に感じた」、「権利により製品を保護することの重要性が理解できた」などの感想が寄せられました。
 なお、本セミナーは弓削商船高等専門学校技術振興会のご協力を得て実施しております。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 令和元年度知的財産セミナーを開催しました はコメントを受け付けていません。

公開講座「第1回バスケットボール教室」を開催

 弓削商船高専では、6月16日(日)に公開講座「バスケットボール教室」(全3回のうち第1回目)を開催し、小学4年生から6年生まで8名の参加がありました。また、弓削商船高専のバスケットボール部員14名の協力もあり、賑やかな教室となりました。
 はじめに、講師より、「バスケットボールで元気になる、バスケットボールがうまくなる」をテーマに、「バスケットボールの3つの武器「シュート」、「ドリブル」、「パス」がうまくなるにはボールコントロールが重要」等の話がありました。
 班に分かれコミュニケーションを取り合いながら準備運動を行った後、現状のシュート力をチェック。その後、前後左右や強弱をつけたドリブルをしたり、的を狙ったパスや円になって前後左右にパスをしたり、また、椅子から立ち上がりながらシュートをしたりと、教員や高専生にコツを教わりながらボールコントロールに重点をおいた練習を行いました。
 練習後にどれだけボールコントロール力がついたか再度シュート力をチェックすると、どちらの班も20本以上大きく向上しており、参加者はシュート力に自信がつき満足した様子でした。
 最後には練習試合を行い、みんなで声を掛け合い最初にはなかった結束力が生まれ、講座を通して仲間とのつながりを学びました。
 参加者からは、「シュート力が身についてうれしい」「前よりもっとバスケットボールが好きになった」などの感想が寄せられました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 公開講座「第1回バスケットボール教室」を開催 はコメントを受け付けていません。

令和元年度 学校要覧

資料のダウンロードはこちらからどうぞ。

カテゴリー: 学校要覧 | 令和元年度 学校要覧 はコメントを受け付けていません。

平成31年度(令和元年度)弓削商船高専技術振興会「しまなみテクノパートナーズ」 総会を開催しました

 平成31年度(令和元年度)弓削商船高等専門学校技術振興会「しまなみテクノパートナーズ」総会を、6月13日(木)に今治国際ホテルで開催しました。
 総会には企業(団体)会員、特別会員、個人会員、弓削商船高専教員等が出席し、池田正二会長(正栄汽船株式会社専務取締役)が議長となり、平成30年度事業報告・会計報告及び平成31年度(令和元年度)事業計画案・予算案等が審議され、承認されました。
 総会終了後は、平成30年度に技術振興会から研究助成を受けた弓削商船高専の教員2名による研究成果発表会が行われ、総合教育科の牧山隆洋講師が「効果的物理実験機器の開発」、電子機械工学科の森耕太郎助教が「離島地域における竹資源のバイオマス利用に関する研究-竹ペレットおよび竹炭ペレットの比較・評価-」と題した発表を行いました。質疑応答も活発に行われ、今後の事業展開に向けて有意義な時間となりました。
 技術振興会では、今年度も、産業技術の振興と地域社会の発展に貢献するため、資格試験対策講座、出張講演、産学連携フォーラム等の事業を実施する予定です。
 弓削商船高等専門学校技術振興会「しまなみテクノパートナーズ」の情報はこちらからご覧いただけます。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 平成31年度(令和元年度)弓削商船高専技術振興会「しまなみテクノパートナーズ」 総会を開催しました はコメントを受け付けていません。

今治市長杯バドミントン大会で優勝!!

 令和元年5月26日(日)今治市営中央体育館で第32回今治市長杯バドミントン大会が行われました。
 本校からは、女子2部ダブルスに情報工学科5年生 佐藤 花菜さん、梨木 杏樹さんペアが出場し、見事優勝を飾りました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 今治市長杯バドミントン大会で優勝!! はコメントを受け付けていません。

第73回愛媛県高等学校総合体育大会 陸上競技対校選手権大会 走高跳で2位入賞!

 令和元年6月1日(土)~3日(月)、愛媛県総合運動公園陸上競技場において、第73回愛媛県高等学校総合体育大会陸上競技対校選手権大会が開催されました。本校からは、情報工学科1年の宗清珠寧さんがやり投げで、電子機械工学科3年の古岡大空くんが走高跳の種目で出場しました。
 競技では古岡くんが、自己ベストで見事2位入賞(1m86)を果たしたと同時に四国高校総体への出場権を獲得しました。古岡くんは、先の東予地区予選でも1位の好成績で勝ち上がり、今大会出場を果たしていました。当日は、あいにくの雨で気温が低く、難しいコンディションとなりましたが、素晴らしいパフォーマンスを発揮することができました。
 次の四国高校総体で6位以上の成績を収めると、沖縄で開催される全国高校総体へ出場することができます。全国高校総体出場を目指し、四国高校総体でも良い成績が収められるよう頑張ります。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 第73回愛媛県高等学校総合体育大会 陸上競技対校選手権大会 走高跳で2位入賞! はコメントを受け付けていません。

留学生の母国紹介と日本人学生の留学体験報告

 5月23日(木)アセンブリホールにおいて、2年生の学生を対象に、本校で学ぶ留学生の母国紹介と昨年度留学した日本人学生の体験報告が行われました。
 マレーシアからのアブ学生とラオスからのジャイ学生は、流暢な日本語で母国の紹介を行いました。留学生にとって、日本語を練習する良い機会になりました。また、日本人学生はそれを熱心に聞き、興味が沸いたことや疑問に思ったことなどを質問していました。留学生の母国を身近に感じられる良い機会になりました。
 引き続き、「トビタテ!留学JAPAN」という海外留学支援制度を利用してオーストラリアに留学した、商船学科4年田村安志学生による留学体験報告と本支援制度の説明が行われました。最後に、フィリピン商船大学NTMA(日本郵船(株)設立)に留学した商船学科4年石川直樹学生、楠本春太郎学生及び山本悠太学生による留学体験報告が行われました。これらの報告を受けて、今年度は新たに6名の学生がNTMAに留学を希望するようになりました。
 7月18日(木)には1年生を対象に同様の発表会が行われる予定です。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 留学生の母国紹介と日本人学生の留学体験報告 はコメントを受け付けていません。