研究・教員トピックス」カテゴリーアーカイブ

第67回 教員研究懇談会を実施

 平成30年7月31日(火)15時00分から弓削商船高等専門学校アセンブリホールにて、第67回教員研究懇談会が開催され、今年度着任された練習船弓削丸船長の宮本宝先生、高専・両技科大間教員交流制度による交流を終えられた情報工学科の峯脇さやか先生による講演が行われました。
 宮本船長は、「東日本大震災(東北地方太平洋沖地震)体験談」と題して講演され、東日本大震災発生時に乗船されていた船の動静や震災後の港の様子について、撮影した動画とともに説明がありました。
 峯脇先生は、「高専・両技科大間教員交流制度の実施報告~長岡技大での体験談~」と題して、派遣先であった長岡科学技術大学での研究内容や校務、長岡での生活など写真を交えて説明されました。
 講演後は、活発な質疑応答が行われ、貴重な体験談を聞くことができた有意義な講演会となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 第67回 教員研究懇談会を実施 はコメントを受け付けていません。

本校教員が海上安全指導員講習受講

 6月7日尾道海上保安庁にて海上安全指導員講習会が実施され、本校教員3名が受講いたしました。本校には小型船舶の安全指導を行うなどのこの資格を有した教員が4名在籍しており毎年1回保安庁で実施される講習会にも参加しています。
 講習の中ではAEDを用いた救命活動の講習会も行われ、全員が人工呼吸から始まる、心肺停止時の処置などの講習も受講しました。
 3名の先生は商船学科の二村教員、筒井教員、電子機械工学科の益崎教員です。今後の海上での活躍が期待されます。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 本校教員が海上安全指導員講習受講 はコメントを受け付けていません。

平成30年度SPOD講演会を開催

 平成30年6月8日(金)に愛媛大学 SD統括コーディネーター 吉田 一惠 氏を講師としてお招きし、平成30年度SPOD(四国地区大学教職員能力開発ネットワーク)講演会を開催しました。当日は、「事例から考えるハラスメント」という演題のもと、25名の教職員が参加しました。
 この講演会では、各種ハラスメントの定義、事実認定方法や予防対策について講演を聴いた後、グループごとに事例に基づいた討論を行いました。参加者にとって、学校で起こりうるハラスメントについて学ぶ有意義な講演会となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 平成30年度SPOD講演会を開催 はコメントを受け付けていません。

上島町ウォーキングマップ完成

 このたび、上島町民の方の健康増進を主な目的として、総合教育科の冨永講師が上島町の研究助成事業を受け、「上島町ウォーキングマップ」を作成しました。
 弓削島、佐島、生名島、岩城島の四つの島からそれぞれ二つ、「心地良い潮風感じるウォーキングコース八選」を、ウォーキングのコツや豆知識などを交えて掲載しています。そのほとんどが1時間以内で終わるコースですので、仕事から帰って、または家事や育児の合間にウォーキングを楽しんでみてください。
 いつもは車で通り過ぎるだけの場所も歩いてみると意外な発見があるかも知れません。
上島町ウォーキングマップ
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 上島町ウォーキングマップ完成 はコメントを受け付けていません。

「弓削丸体験航海・船内宿泊体験講座」を実施

 4月12日(木)・13日(金)の両日に渡り、次世代海洋人材育成事業の一環として福山市立至誠中学校1年生42名を対象に「弓削丸体験航海・船内宿泊体験講座」を実施しました。
 弓削丸体験航海では、船内を見学するとともに、船の事、海洋の事、エンジニアの事について、また、それらに関連する仕事についての講話が行われました。生徒たちは、船内宿泊体験、カッター体験、造船所見学など、実体験を通して海洋人材の必要性や重要性について深く学ぶことができ、大変貴重な時間となりました。
 その他にも、電子機械工学科および情報工学科の体験授業が行われ、近隣の中学生に本校を知っていただくよい機会となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 「弓削丸体験航海・船内宿泊体験講座」を実施 はコメントを受け付けていません。

第66回 教員研究懇談会を実施

 平成30年2月23日(金)10時00分から弓削商船高等専門学校アセンブリホールにて、第66回教員研究懇談会が開催され、今年度着任された情報工学科の藤田佳祐先生、総合教育科の川島範章先生による講演が行われました。
 藤田先生は、「電波、アンテナ研究の面白さ」と題して講演され、電波やアンテナについて身近な題材や実験を交えてご説明いただきました。
 川島先生は、「教員・臨床発達心理士・学校心理士の立場からこの1年を振り返る」と題して、2つの心理士の説明やこれまでのご経験などをご講演いただきました。
 講演後は、質疑も活発に行われ有意義な講演会となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 第66回 教員研究懇談会を実施 はコメントを受け付けていません。

弓削商船高専で第14回運営諮問会議を開催

 弓削商船高専では、第14回運営諮問会議を12月20日(水)に開催しました。本会議は、外部有識者から学校の管理運営及び教育研究活動の状況について意見を聴き、学校運営の一層の発展に資することを目的としています。
 会議ではまず、第13回運営諮問会議で提言された「教育の充実について」に対する対応として、アクティブラーニング及びFD研修への参加、インターネットを活用する教材の試用、クラブ活動における外部コーチ活用の推進、webシラバスへの移行などの様々な取組について担当教員より説明し、運営諮問委員から助言を頂きました。
 次に、「キャリア教育の推進について」と「学生相談室の現状と課題について」の2つの諮問事項について、現在の取組状況と今後の課題を担当教員より説明しました。その後、運営諮問委員間で活発な議論が交わされ、それぞれの諮問事項に対して効果的、効率的な取組の推進について提言がなされました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 弓削商船高専で第14回運営諮問会議を開催 はコメントを受け付けていません。

弓削商船高専が株式会社愛媛銀行との情報交換会を開催

 弓削商船高専は、株式会社愛媛銀行との情報交換会を、12月21日(木)に愛媛銀行本店にて開催しました。
 この情報交換会は、愛媛銀行と弓削商船高専の連携協力協定に基づき、地域における業務の相互の連携を図るため、毎年開催しているものです。
 情報交換会では、まず、愛媛銀行ひめぎん情報センターの園部次長から、最近の景気動向ついて紹介があり、次に、弓削商船高専の藤本教務主事が、KOSEN4.0と「離島工学」戦略について紹介を行いました。その後、互いに関心のある事項について意見交換を行い、双方から様々な質問や提案が挙げられました。
 更に、別会場にて開かれた懇親会でも活発な情報交換が行われ、相互の連携を深める貴重な機会となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 弓削商船高専が株式会社愛媛銀行との情報交換会を開催 はコメントを受け付けていません。

教職員対象のメンタルヘルス講演会を開催しました

 平成29年11月29日(水)、本校の第1会議室において、教職員対象のメンタルヘルス講演会を開催しました。この講演会は、学生相談室の相談員として学生を支援していただいている春田裕和先生が講師を務め、教職員70名が出席しました。
 テーマは「学生が安心安全に学ぶことができる環境づくり」で、出席者は春田先生の講演を聴いた後、いくつかのグループに分かれて事例に基づいたワークを行いました。今回の講演は、教職員にとって、メンタル等に問題を抱える学生への指導・支援の行い方について有意義な知識を得る貴重な機会となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 教職員対象のメンタルヘルス講演会を開催しました はコメントを受け付けていません。

「弓削丸体験航海・船の仕事講座」を実施

 弓削商船高専では、10月24日(火)、次世代海洋人材育成事業の一環として三原市立大和中学校2年生46名を対象に、海の仕事に関する出前授業を実施しました。出前授業では、本校教員2名が同中学校へ出向いて、日本における船の役割や重要性、船に関わる様々な仕事についての講義を行いました。
 次は実際に船を見てみようということで、11月7日(火)に本校へ招いてのカッター体験や弓削丸体験航海を実施しました。カッター体験では、教員からカッターの漕ぎ方についての指導があり、生徒たちは教員に教えられたとおり皆で息を合わせて櫂を動かし、初めてのカッター体験を楽しんでいる様子でした。体験航海では、船内の配置や注意事項等の説明があった後、船内を自由に見て回り、疑問に感じることがあれば教員に積極的に質問しメモをとるなど、船に対して高い関心を持っていることが伺えました。
 山間部に位置する中学校のため、海や船を目にする機会が少ない生徒たちにとって、2日にかけて実施した本事業では、船に関わる仕事や船の仕組みなど、実体験を通して深く学ぶことができ、大変貴重な時間となりました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 「弓削丸体験航海・船の仕事講座」を実施 はコメントを受け付けていません。
1 / 812345...最後 »