月別アーカイブ: 2019年11月

モンゴル科学技術大学との教員間国際交流を実施しました

 令和元年10月23日から11月3日までの12日間の日程で、モンゴル科学技術大学(MUST)との教員間の国際交流事業の一環として、本校商船学科の佐久間教員が同大学を訪問しました。
 MUSTでは、動力工学校及び交通機械工学校の各研究室訪問などを行い研究内容及び設備の紹介を受けるだけでなく、教育セミナーでの講演、各学校での授業の実施、研究紹介の実施などを佐久間教員が行うことで相互の教育および研究活動の交流を行いました。
 また、休日には郊外に出向くなどしてモンゴル文化に触れて学ぶ機会があり、人的、文化的な交流を行いました。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | モンゴル科学技術大学との教員間国際交流を実施しました はコメントを受け付けていません。

本校専攻科生が産学連携フォーラム2019で研究成果を発表しました

 11月16日(土)に開催された弓削商船高等専門学校産学連携フォーラム2019において、本校専攻科生が日頃の研究成果を発表しました。
 本校アセンブリホールで行われた研究発表では、海上輸送システム工学専攻2年生2名、生産システム工学専攻1年生8名が発表を行いました。
 また、化学実験室で行われたポスター展示には、海上輸送システム工学専攻2年生2名、海上輸送システム工学専攻1年生1名、生産システム工学専攻2年生7名、生産システム工学専攻2年生9名が出展し、訪れた参加者に研究成果をアピールしました。
 フォーラムに参加した企業や教員からは、専攻科生の研究内容について様々な質疑やアドバイスがあり、専攻科生にとって、これから研究を進めていく上で良い刺激となりました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 本校専攻科生が産学連携フォーラム2019で研究成果を発表しました はコメントを受け付けていません。

弓削商船高等専門学校産学連携フォーラム2019を開催しました

 本校地域共同研究推進センターは弓削商船高等専門学校技術振興会(しまなみテクノパートナーズ)と共催で、11月16日(土)に弓削商船高等専門学校産学連携フォーラム2019を開催しました。
 本フォーラムは、地域社会や産業界の動向から新規研究課題を模索することを目的として開催したもので、当日は約40名の参加がありました。
 主会場となった本校アセンブリホールでは、株式会社三井E&Sマシナリー、株式会社正興電機製作所による企業講演のほか、本校教員・専攻科生による研究発表が行われ、それぞれの講演・発表に対し活発な質疑応答がありました。 また、化学実験室で行われたポスター展示では、本校教員・専攻科生、技術振興会会員、講演企業から出展された26件38枚のポスターを前に意見交換を行いました。企業によるデモ機実演などもあり、参加者は熱心に説明に聞き入っていました。
 本校では、これを機会に地域企業の皆様との相互交流による新たな活動の端緒を探っていくことができればと考えております。
カテゴリー: 研究・教員トピックス | 弓削商船高等専門学校産学連携フォーラム2019を開催しました はコメントを受け付けていません。

第49回商船祭を開催しました

 令和元年11月9日(土)・10日(日)の両日に渡り「弓削の子」のテーマのもと、「第49回商船祭」を開催しました。
 各クラブが運営する各種バザー、文化部の展示・発表、1年生による音楽会をはじめ、実行委員会主催による多くのイベントが両日に渡り開催され、多くの方にご来校いただきました。
 また、例年のとおり本校実習船「弓削丸」を利用した体験航海を実施し、多くの方にご乗船いただきました。(実施した各種イベント・会場の様子につきましては、下記写真をご覧ください。)
 幸い両日とも天候に恵まれ、清々しい秋空のもと、盛大かつ無事に開催することができました。
 今年度は学生寮の新棟建設に伴い、駐車スペースが狭くご来校いただいた皆様にはご不便をおかけしました。皆様にご協力いただいたおかげで、事故もなく運営することができましたことをお礼申し上げます。誠にありがとうございました。
 商船祭に関してご意見等ございましたら「お問い合わせフォーム」よりご連絡いただきますようお願いいたします。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 第49回商船祭を開催しました はコメントを受け付けていません。

マイコン部の全国高専プロコンでの活躍が愛媛新聞に掲載されました

全国高等専門学校プログラミングコンテストでのマイコン部の活躍が愛媛新聞に取り上げられました。
第30回プログラミングコンテストで特別賞と敢闘賞を受賞
令和2年3月にベトナムで開催される国際大会に2チームが出場し、さらなる活躍が期待されています。

「弓削商船3部門入賞」2019年11月17日付愛媛新聞(許可番号:20191119-002)
カテゴリー: 学校・学生トピックス | マイコン部の全国高専プロコンでの活躍が愛媛新聞に掲載されました はコメントを受け付けていません。

留学生日本語スピーチコンテストin愛媛2019で南海放送賞を受賞

 11月3日(日)に本校から愛媛県留学生等交流推進会議主催の「留学生日本語スピーチコンテストin愛媛2019」へ3名の留学生が参加いたしました。
 大会全体で18名の学生が参加しており、結果は情報工学科4年のジャイ君が南海放送賞を受賞しました。
 3名の留学生は、非常勤講師の黒瀬先生ご指導のもと、納得するまで何度も原稿を手直しし、前日の土曜日まで学校に出てきて練習をしていました。特に受賞したジャイ君は学校以外でも原稿の内容に合わせた話し方まで研究・実践していました。
 今回受賞を逃した4年生の留学生には来年のスピーチコンテストで是非リベンジをしてもらいたいです。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 留学生日本語スピーチコンテストin愛媛2019で南海放送賞を受賞 はコメントを受け付けていません。

第2回オープンキャンパスを実施しました

 さわやかな秋晴れの元、令和元年11月9日(土)・10日(日)に第2回オープンキャンパスを実施しました。2日間で、延べ119名の中学生のみなさん、全体では315名の方に参加いただきました。
 今年度は、午前に各学科説明、午後に各学科サブイベント・学寮見学・進路相談を実施しました。
 商船祭も同時に開催され、学科説明、教育研究内容の体験、学生の快活な雰囲気にふれ、本校に興味を持たれている中学生には、学校について知る有意義な時間を過ごしていただけたのではないでしょうか。
 参加者のみなさまからは、「弓削丸に乗船できとても楽しかった。具体的な学科のイメージを描くことができた。」「学生が親切に不安なことについて相談に乗ってくれてありがたかった。」「先生の説明がわかりやすく初めての体験だったが楽しかった。」といったうれしいご意見をいただきました。
 本校の受検を視野に入れている中学生のみなさまにお知らせします。
 本科推薦入試は令和元年12月24日(火)より、学力入試は令和2年1月27日(月)より願書の受け付けを開始します。詳細は下記リンクよりご確認下さい。
 また、ご質問等ございましたら、以下の連絡先までお問い合わせください。

入試に関するお問い合わせ先: 学生課教務係
0897-77-4620


全国高専入試[本科試験]
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 第2回オープンキャンパスを実施しました はコメントを受け付けていません。

第1回しまなみロボットプログラミングコンテストを開催しました

 令和元年11月9日(土)、本校第1体育館において「しまなみロボットプログラミングコンテスト」が開催され、6チーム16名の中学生の参加がありました。
 コンテストは、制限時間60分間に9つミッションをクリアすることによって得点が加算されます。ミッションは、3段階の難易度があり得点も異なります。同点の場合は、先に高得点のミッションをクリアしたチームが上位とされ、どのミッションからチャレンジするかの戦略も重要です。岩城中Bが最初に30点のミッションをクリアし、勢いよく飛び出しましたが、逆転で弓削中Aが追い抜き、優勝に輝きました。なお、入賞チームの順位と得点は、次の通りです。
 本コンテストは、事前に中学へ出向き出前授業として、ロボットの操作方法やプログラミングの基本を講義しており、その実践的応用として開催されました。

第1位 弓削中A 60点
第2位 岩城中B 50点
第3位 岩城中A 50点
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 第1回しまなみロボットプログラミングコンテストを開催しました はコメントを受け付けていません。

キャンパスクリーンを実施

 11月7日(木)の午後、キャンパスクリーンを実施しました。
 11月9日(土)、11月10日(日)に行われた、商船祭やオープンキャンパスに向けて、普段の清掃場所に加えて各会場の清掃を行いました。秋晴れのもと、整理・整頓・清潔を心がけ、一生懸命取り組みました。
 商船祭、オープンキャンパス当日はきれいになった会場で、気持ちよくイベントや食事等を楽しんでいただけました。
カテゴリー: 学校・学生トピックス | キャンパスクリーンを実施 はコメントを受け付けていません。

高専ロボコン2019四国地区大会 Bチーム「デザイン賞」受賞

 「アイデア対決・全国高等専門学校ロボットコンテスト2019 四国地区大会」(以下、高専ロボコン四国地区大会)が11月3日(日)に阿南工業高専第一体育館にて開催されました。今年度の競技課題は「らん♪ RUN Laundry(らん・ラン・ランドリー)」であり、二台のロボットがTシャツ、バスタオル、シーツを高さ1m、1.5m、2mの竿にきれいにかける競技でした。
 本校からはAチーム(ロボット研究部 顧問:森 耕太郎教員)及びBチーム(電子機械工学科 大澤研究室)の2チームが参加しました。両チームとも予選リーグ敗退でしたが、Bチームは2004年以来となる15年ぶりの1勝を挙げました。また、1台のロボットを、応援用ロボットとして使用するという奇抜なアイデアで会場を大いに沸かせ、大会を盛り上げました。
 表彰式では、Bチームが「スマートなロボット、人を笑顔にさせてくれるロボット」、「やるべきことをしっかりやるロボット」と評価され、デザイン賞と特別賞(HONDA賞)を受賞しました。そして、Aチームも特別賞(マブチモーター賞)を受賞し、両チームともに審査員から評価されるロボットを製作することができました。
 高専ロボコン四国地区大会の様子は、11月17日(日)13時05分から13時59分の時間帯にNHK総合テレビにて放送されますので、是非ご覧ください。(但し、四国地区のみの放送となります。)
カテゴリー: 学校・学生トピックス | 高専ロボコン2019四国地区大会 Bチーム「デザイン賞」受賞 はコメントを受け付けていません。